パチ考察 第3回

  • Pachi

第三回 パチンコの仕組み
 
どういうとこから書こうかなぁ....と悩んでいる。
まぁ極めてベーシックなところから行くしかないだろう。
 
(これまでのエントリ)
パチ考察 第2回
パチ考察 第1回


通常時(あたっていない時)
・玉を借りる 具体的には
  - プリペイドカードを買い、それを台の横の口に差し込んで貸しボタンを押す(以前はこれが主流)
  - 台の横に直接1000円札を投入できるところがあり、そこに1000円札を入れる(最近はこちらが主流?)
 そうすると台に直接玉が出てくる。
 
・ハンドルを握って、右にまわす
 一定間隔で玉がはじかれる はじく強さはハンドルを右に回すほど強くなる
 
・台の真ん中へんにある「入賞チャッカー」に玉が入ると、数玉(3-5玉)払い出しがあり抽選が行われる。
 液晶などで演出が行われて、あたりかはずれか表示される。演出中に更に入賞チャッカーに玉が入ると、
 最大4個まで記憶され、演出後につぎの入賞分の演出が始まる。(5個以降は払い出しはあるが抽選されない)
 
さてさて、ここでポイントは
・台の釘調整/角度調整などにより、1000円あたり何回入賞するかが異なる
 1000円あたりたくさん抽選を受けられれば、当然有利。(いわゆる 「よく回る台」 「回らない台」)
 これがパチンコにおいてPayoutを推測するもっとも大きな要素である。
 なおパチンコにおいてはPayoutというよりも、ボーダーラインという言葉がメジャーである。
 ボーダーラインとは、ある機種において理論上勝つためには1000円あたり何回入賞するか、という数字であり
 パチンコ雑誌とかに機種ごとに書いてあると思う。でもボーダーより回ると思える台に座った記憶はほとんどない(笑。
 
また、パチンコ台の抽選確率は同一機種であれば同じ。隣の台と自分の台で、確率が違うということはない。
あるのは、回るか回らないかということだけなのだ (当たった時の出玉量の調整もあるが、まぁ影響は少ない)
 
さてこの抽選確率だが....機種により異なるが1/250~1/500がふつーである。
いや1/500なんてべらぼうに確率が悪い機種は、ここ最近出てきた「新基準機」というキチガイのような台なのであるが.....
 
 
実際の店において、1000円あたりの回転数(入賞数)というのは16-18回といったとこではないかと思う(等価交換のお店の場合)。仮によくまわるとして、1000円で20回だとしよう。

ダンボールの中に500個ピンポン玉が入っています。それぞれに数字が書いてあります。当然箱の中は見ることができません。

おじさんに1000円払うと、20回ピンポン玉が引けます。ただし、1回引いたらそのピンポン玉は箱に戻します。

あなたがピンポン玉を取り出し、おじさんに数字を告げると、おじさんがドラムロールを鳴らし、
   どるるるるるるるる~ はずれ~
とか言います。

たまにいやらしいことにドラムロールが長く、おじさんが「こっ....これは?!」とかいいながらレーザー光線が飛び交ったりして期待を煽りますが、やっぱりはずれます(笑。

どうやら、500個の中で当たりはたったの1個だけのようです。
引いたり戻したりドラムロールがあったりですが、1000円20回は3分くらいかかります(これ非常にいいかげん...あまりパチやらないし...)

よーするにこういうこと(笑
もう少し正確にいうと、おじさんに1000円払うと何回引けるのかはおじさんがいい加減なので毎回変動します。
でもやさしいおじさんと厳しいおじさんがいて、1万円もやってみるとピンポン玉を引けた数というのはだいぶ違う、と。
 
1/500というのは、極めて長い試行回数をこなすと500回に1回あたる、ということ。
500回引くためには、1000円20回とすれば、極めて長い試行回数をこなすと25000円に1回あたる、ということ。
運がよければ最初の1000円で当たるかもしれない。じゃあ運が悪いと???
 
 
これまでの経験上、確率の2倍ハマるのはしじゅうある。
確率の4倍ハマりくらいまでは、ないわけではない。
ちなみにこれまで見た最大ハマりは8-9倍ハマり.....。
 
わかりやすい例で考えてみよう。
サイコロの1があたりだとする。これは1/6。
12回ふって、1度も1がでない(2倍ハマリ)ということは十分あり得そうだ。計算上でも11%もある。
24回ふって、1度も1がでない(4倍ハマリ)ということはどうだろう。計算上1.2%そういうことはありうる。
24回ふるのをを100セットやれば、1セットくらいは一度も当たらないということになる。
 
これが1/500だと
500回引いて当たらない(2.5万円使って当たらない)可能性は 36.7%
1000回引いて当たらない(5万円使って当たらない)可能性は 13.5%
2000回引いて当たらない(10万円使って当たらない)可能性は 1.8%
 
こ ん な 勝 負 す る の か ? (笑
 
しかも、1000円で20回も回らない台ばっかりだ(笑
1000円で18回だと、1000回すのに5.5万円
1000円で16回だと、1000回すのに6.2万円
 
あと、最近の機械のボーダーラインについてぐぐってみたところ、17-19回くらいのようである。(こちら)
まぁこのリンク先が正しいかどうかわからないわけだが...。
(パチ/スロ関係は計算が簡単でないので、ある意味自分で計算した数字しか本当には信用できない...)
 
以下は、1/250~1/500までの台で、打ち始めてから何回回しても当たらないかという確率をチャートにしたものである。

例えば、1/500の台で、8割方当たる=800回転以内 ということが読み取れる。
すなわち、理論上あなたが打ち始めて5回に4回は800回転以内に当たる、といえる。
でも800回って、4-5万かかるんだが.........なおかつ5回に1回は突き抜けるわけなんだが......
 
大変長くなってしまったので、次回はパチンコで大当たりのあとの仕組みの説明にいってみよう。
これだけ当たるのが大変なら、当たったらいっぱい出ないと勝てないわけだが.....さてさてさて

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)