B○○K○FF激ムカ

  • Diary

いや確認が甘い自分も悪いのだが、まぁこんなん文句言ってもしょーがないのでここに落書きしておく。
つうか本部にメールでチクってやろうかと思ったけど、そういうメールアドレスや受付窓口はないのね....。
 


いや何かというと、
 
・今日11:30頃に約300冊持ち込み。ダンボール5箱。
 店の外で台車で受け渡し。
 混んでるので30分以上かかると言われ、携帯にかけてもらうように言う。まぁ家のそばなのでどうにでもなる。
 
・13:30頃、あまりにも音沙汰がないのでもう一度店に行く。
 いまだ開梱されている気配もないw まぁ家が近いし別にいいので終わったら電話してねと話す。
 
・16:46 電話あり。30分以上は5時間ということだったのかと。
 8冊が評価できずで252冊、8000円ちょいと言われ、はぁそれで結構ですと話して向かう。
 つうか毎回そうなのだが、本の冊数が違いすぎる。というか違いすぎるのに慣れてしまって文句言う気にもなれないというおそろしさ。数百冊持ち込むと、こっちのカウントと数冊どころではなく数十冊(10%程度)のレベルで違うというのはどういうことなのか。
 
・カウンターにて、明細を見ると「単行本」が異常に少ない。8冊とかなっている。ハードカバーいっぱいあったはずなのに...。
 単行本がもっとあったと思うんですけど.....とちょっと文句を言うと、査定したねーちゃんが本を10冊ちょい持ってきて、これでこうですねぇと言いつつ、ちょっとお金を足してくれたのでまぁいいかと帰宅、258冊で8480円かそのへん。床屋に行く。
 
 
そして18:30帰宅。家で軽くメモった明細を見てみる。

ダンボール1  ハード×30
ダンボール2  ハード×4 新書×10 文庫×59
ダンボール3  ハード×1 新書×3 文庫×82
ダンボール4  ハード×4 文庫×60
ダンボール5  文庫×46

合計299冊
さっき見た「単行本」の11冊くらいは、2,3,4のハードと新書(ソフトカバーもこっちにカウントしてた)のぶんだな.....
 
 
まぁアレだ。
ダンボール1が全部パーってことかこれは。
 
 
買取カウンターが超爆裂していてどうしようもないことはよくわかる。
ついでに明細をもっていかなかった自分も悪い。
いまさら文句言いにいってももう無駄だろ。
つうか店内オペレーションぐちゃぐちゃすぎ。
 
しかし頭くるな。
前回は300冊もっていったら280冊だったし、バイトがポケットに入れてるんじゃないかと疑いたくなるね。
 
 
教訓:ちゃんと明細はつけて渡しましょう
 
 
もう二度と売りにいかねぇ
つうかもう本ないwww

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

私も数回古本屋さんとブックオフに本を売った経験がありますが、300冊なら出張買取をお願いしたほうがいいと思いますが。
本が混じるとかそういうことはないですし、その場で査定してもらえるので時間がかかっても30分程度ですから。

古本屋さんのほうがちゃんと本の価値を理解してもっていってくれるし、対応も良かったんですが、最近出張買取で来てくれないので、ブックオフにお願いしているんですが、店員さん次第って感じですね。気持ちいい買取になるかどうかというのは。。。
一度来られたオタク系の方は、無言で家に上がろうとするし(阻止しました)、紐で縛っておいたら玄関にゴミを散乱させてお帰りになりました。
常識的な人だと、私が本を持って往復してると、上がらせていただければお手伝いしますと言って、後片付けもちゃんとしていってくれますよ。

でもダンボール1が行方不明ってもったいないですね。ハードだから買取価格も高いはずだし。
その分ブックオフの儲けになるのも悔しい話ですね。お店に電話して見たほうがいいのではないかと思います。変な対応されたら諦めるということではどうでしょう?


soggyさん、
確かに出張がよいですねぇ。
ブクオフじゃないトコに持ち込むのが一番良かったのかも。
 
とりあえずまぁ電話もせずにそのままにしました。もったいないといえばもったいないですけどね。文庫で出てないハードカバーも何冊もあったのになー(それブクオフ意味ないってのw

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)