ウォーターエネルギーシステムってどうよ

  • NETA

(追記 20:50)
GIGAZINEにいっぱいいろいろ載ってます:)
最後にいろいろ追記します。

Webページにコンテンツ追加されたので一応。
株式会社ジェネパックス

WESのスタックの構造
WESのセルの構造
WESの発電の仕組み
 最後で吹いたw 意味がまったくわからねぇw
 それと、1セルあたり 0.5~V だそうな。

WESを搭載した電気自動車
ウォーターエネルギーシステム(WES)

ウォーターエネルギーシステム(WES)
- WESは直流の電気を発生させる
- 発電出力:120W (12V, 10A)
- タンク容量:2リットル
- 最大稼働時間:7時間

120W??? それ1個で電球1個???
でもって12V??? いやさらに直列すればいいんだろうけど...
(そのboxでさらにどんどんスタックできるかという話はとりあえず置いておく)

えーと、HondaのFCXだと水素を使った燃料電池の最高出力は86kW(モーターの最高出力は80kW,109ps)
単純計算で 86000/120 = 717個w
いやパワー1/5として、稼働時間も半分でいいとして、約72個(もちろん極めていい加減な計算)。

# FCXの場合モーター最大出力80kW,109ps → 約1/5の20psはないといくらなんでも厳しいのではないかと推定、一般的な軽自動車でも50-60psだよね?
# ちなみにプリウスの場合はモーター最大出力50kWっすね

純水140リットルぶっこんで3時間動く??? パねぇw
つうかそもそも置けないだろ...つうかその発電ユニットだけで何百kgだよ...

あと思うのは、これって水(とか空気?)を送るポンプが必要だと思うんだけど、そこで使う電力って差し引かれてるのかなぁ...いやさすがにそれは差し引かれて120Wなんだよね? よねよね?


なんか車走らせたような感じだけど、この発電装置だけで動かすのはとてもじゃないけど無理じゃないかと。
バッテリー併用で、単にバッテリー電力だけで動いているんだけど、同時にぽたぽた(ほとんど無視できるような電力量を)発電してるんだぜいえーい、じゃないのかと。10発積んでも1.2kWだぜ...

ほいで、純水が必要なんだろうけどどの程度のレベルなのかねぇ。
上のほうで吹いた「仕組み」のflash見てると、それなんて永久機関とか突っ込みたくなるわけなんだけど、そんなわけあるはずがなくて、一度使った水はもう使えない水になるはずで。
ちらっと 純水 工業用 販売 でぐぐってみるとこんなページが。
工業用精製水(バッテリー液) 20リッターx2 3,400円
えいやっとリッター100円弱くらいですか?
いやリッター1kmも走るのかどうかすごく疑問ですがw
いやこんなボトル詰め買うんじゃなくて設備買って作るんでしょうけど。
でも精製するのに電気(イオン交換よね)とかフィルターとかなんとかかんとかウヒョー

水を純化して、それを(空気を吹き込んで?)不純にすると微量の電気が取り出せるんだぜいえーい
効率なんてしったこっちゃないぜいえーい
ということでok? 純度が落ちれば落ちるほど電力も効率も電極寿命もがっくり下がるんでしょうねぇ。

というわけで適当に書いてみたけどどうみても門外漢です。本当にありがとうございました。
すっっっっっっっっっっごく環境にやさしそうですね(棒読み

# 識者のツッコミお待ち申し上げております


(追記 20:50)
水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム「ウォーターエネルギーシステム」を見に行ってきました (GIGAZINE)
水から電流を取り出す「ウォーターエネルギーシステム」デモムービーいろいろ (GIGAZINE)
 何箇所か引用

Q:「日経エレクトロニクス」からの質問。セルの中では結局水素が移動しているわけだが、水を水素イオンに換えるのは触媒なのか?水1リットルで何ワットぐらい作れるのか?寿命はどれぐらいなのか?
A:水素発生のところは質問の通りで、物理エネルギーや電気エネルギーは加えておらず触媒による反応のみ。1セルで0.7ボルト、ワットで言うとセルの面積と関係しており、青いカバーをしているスタックで120ワット、セルが40枚入っている。出力で言うと6~7アンペア程度。全体で500ワット、1キロワット出せと言うのも可能。

触媒反応のみというのは想定通り。
しかし120Wで6-7A? 12V10Aじゃないの?
いや待てよ、0.7V x 40セル = 28V か。28V x 6A = 168Wだから、まぁもうちょい電圧低いとして120Wといえばまぁそんなもんかな。なんかあわないけど誤差かw

Q:1リットルでどれぐらい走ることが可能なのか、速度はどれぐらい出るのか?
A:1リットル入れて1時間ぐらい走る。時速はサーキットなどを借りて実験した方がいいと思うが、時速80キロぐらいまでは出たことがある。

一般道が走れるとは思えないのですがどこで実験したのでしょうかw サーキットじゃないんすよね
それにしても1リットルで1時間とは大きく出ましたね。

自動車に搭載されている白いスタック。上の方から水を入れることが可能。また、説明によると「電気自動車の充電池に電気を供給し続ける」ということらしい。

やっぱりwww供給しなくても充電池で走るだろwww
それと、さっきの1時間/1リッターの件、車のは白色スタックなのでしょうけど、1個? いずれにしても出力はkWもないはず。
まさか充電池に充電されている電力で1時間動くとかいうオチじゃねーだろうなw

それと、ポンプで供給するとかそういうことじゃないみたいっすね。
であるならば、使い切ったら(発電しなくなったら)全部排水して、また新しい水を充填して、ということになるのかなw

続きがあるみたいなのでさらにwktkして待つかー

Track Back

Track Back URL

Comments [7]

「発電の仕組み」の図の左端で「化学反応」によって水が酸素と水素に分解されるところがもう...

ちょっと理科の知識がある人には自明ですが、水を酸素と水素に分解するには熱や電気などでむりやり結合を引き剥がす必要があります。
太陽光を当てれば水を分解出来て水素を得られる光触媒なんてのも研究されていますが、それも「光」の形でエネルギーを投入するものですし、今のところ水素の生成量は微々たる物で動力源としてはまだまだ使えません。

このように、「発電の仕組み」を実現させるには「外部からエネルギーを投入する」必要があります。
投入したエネルギーよりも発電で得られたエネルギーが大きければ「永久機関」が出来ちゃいます。
いつの日か、この「化学反応」なるものの詳細が公開される事が来るのだろうか...

コメントありがとうございますー。
GIGAZINEの記事を読んでもわかるようなわからないような...というかわからないですねwww
まぁなんかの電極で微妙に電位差が発生するということなんでしょうけど...ほんまかいなと。

エネルギー突っ込んで結合を引き剥がすという感じではないのですが、それにしても電極溶けたりとかないのかしらーという感じで。
どんな水を使うのか(水道水でもいけんのかコラ)、何回くらいセルは持つのか、そのあたりは知りたいですね。

こんにちは。
テレビ東京のWBSの番組内で「水で走る」と紹介されていたので、水を電気分解して生成した水素をレシプロエンジンにぶち込んで走るのかとおもったのですが、何と水を「白い箱」に入れるだけで電気が発生するという説明だったので、放送中はシステムの原理が全く理解できませんでした。
所が、この会社が開発したと称する車を良く観ると、アメリカ製の電気自動車だと気が付いたので、後日GIGAZINEの記事で詳しい走行性能を確認して、この会社の説明する走行性能とベース車両の走行性能が同じであることが判明しました。
だとすると、「白い箱」は単なる車載型充電器だという謳い文句なのに、全く補充電をしていないということになるので、改めてGIGAZINEの記事「白い箱」から出ている「配線」の写真を確認すると、何と信号線のような細い線だったので、詐欺だと確信するようになりました。
何故かというと「白い箱」の定格出力が500W出力という謳い文句なので、出力電圧が12Vならば、出力電流は40Aに達するので、あのような細い平行線に40Aの電流を流せば、瞬時に絶縁被覆が融けてショートするからです。

WESは、要するに弱々しい充電機だと思えば(笑)いいわけで、ベース車両と走行性能が同じになるのは当たり前ですね。
白箱の電圧/電流ってどこかに書かれてましたっけ・・・。
電線は確かに細いですが、信号線ってほどではないような。見た感じ、0.75~1.25sqくらい?
あんまり大きな電流を流さなければ、バッテリ充電に使えないこともない、ような。
(というか逆に白箱の出力がその程度なのでしょうw)

スパイラルドラゴンさん、
コメントありがとうございますー。

エントリも読ませていただきました。
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/7273880.html
そうですねー確かにあの線の太さだと300Wはどうかなーという感じですね。でも電圧が高いのかも。
30V10Aとか...うーんうーん。まぁそれにしてもちょっとアレかな。
というか最初に写ってた線が本当にラインなのかという気はちょっとします。
裏から太い線が出てるとか....いやそれを見せないわけはないかw


>某H
特に付け加えるコメントはないのでパスw

「白い箱」の裏側を写した写真は、gigazineに掲載されていますよ。
http://gigazine.jp/img/2008/06/12/wes_movie/DSC_0301_m.jpg

そして、「白い箱」の出力は500Wですし、デモ会場では12Vのバッテリーに並列接続されていたので、会社の主張する定格出力の電流は40Aになると思います。
まあ、あの線は大目に見ても0.5SQ程度のビニール平行線ですので、10Aを越える電流を連続して流せば、すぐにビニール被服が融けてしまうような代物です。

再びありがとうございますー。
この写真なのですが、なんかわかりづらいですよね...もっと下になんかあるような...
(別の写真と見比べたわけじゃなくて just feeling ですが)

白箱の出力は300Wらしいです(日経記事から)。
まぁそれにしても25Aとかですが。はむはむ。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)