Web clip 11/3/30

  • NETA

97. 福島原発の事故 (2011/3/19 書きかけ)
牧野の公開用日誌 2011/3 (Official journal of Jun Makino from hirax.net)
 あースパコンのときにここ読んでたのに...なんでもRSSがくさって読めてなかったんだな...
 とても興味深いので取り急ぎpickup。
 牧野さんの計算だとチェルノブイリの1/5ほどは放出されているとのこと。(3/19時点の計算かな)
 フランスISRNだと3/22までにチェルノブイリの1/10ほど。まぁオーダー(桁)はだいたいそのへんなのねー。

(nni: 3/19の上ページから)

97.9.2. チェルノブイリ事故に比べるとどうか?

放出された放射性物質の規模としては、そういうわけで3/19現在の時点で 1/5 程度と思われます。原子炉の事故で歴史に残っているものでは2番目になること は間違いないレベルです。国際原子力事故評価尺度ではだいたい100万キュリー 以上がレベル7ですから、これまでチェルノブイリだけだったレベル7となる べき規模の大事故です。

97.9.3. でも、そんなに人が死ぬとかないよね?

と思います。事故から1週間、殆どの間は西風だったのは神風といってもよいと 思います。また、早い段階で 20km 圏から退避、としたのは適切な判断だった と思います。もっとも、体内被曝、特に農作物にはこれから注意が必要です。 ウィンズケール事故では汚染が大きい 500平方キロ範囲で牛乳を廃棄する処置 がとられました。今回100倍以上の放射性物質がでており、また日本の現在の規 制値は当時のイギリスの 1/10 と厳しいものになっています。

(nni:3/21より)
つまりは、放出された量がどれだけかはともかく、30km とか 100km 離 れたところの汚染はチェルノブイリとオーダーでは変わらない可能性が高い、 ということ。もう、なるようにしかならないような気がする。
ただ、やっぱり幸運だったのは、少なくとも昨日まで殆ど西風だったこ とだな。今日みたいなな風と雨が毎日続いていたら、一体どうなったことか。
(nni: 3/26より)
RSN による3月22日迄に福島第一原子力発電所から放出された放射能の見積も り評価発表。
チェルノブイリの 10% だって。
(nni:3/28より)

チェルノブイリ後の強制移住の基準値は 5E5Bq/m^2 だそうで(Cs-137)。 これは 1uSv/h (Cs-137で)にあたるので、I-131 で 10uSv/h を超えたことが あるところはチェルノブイリ後の強制移住の基準値にひっかかるかる可能性が結構 高い。
ロシアの基準でいいのか?というのは、なかなか難しい問題。個人的には 嫌。地面にあるものが風とかで巻き上げられて体内被曝する、とかいったこと も考えると1桁程度低くしておきたい。大体、1uSv/h って 10年で100mSv で、 見積もりによるがパーセントオーダーの人が放射線のせいのガンで死ぬレベル。 交通事故並かそれ以上のリスクである。

(nni:中略)

福島原発 の放射能を理解するを見ると、今でも

チェルノブイリのようになってしまうと思っている人も多いです。
とか
皆さん、これを参考にして自分の周り(家族、近所、学校など)で国民の不安を少しでも取り除くための「街角紙芝居」に出て頂けませんでしょうか。
とか書いてあるのね。まだチェルノブイリより何桁も下とか思ってるのかなあ?

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)