Web clip 11/4/5

  • NETA

のみすぎた...

牧野さんのところから

  • 3/15に何が起きたか? 福島 原発北西部の高い放射線レベルの原因は? シミュレーションの価値は? 今 後は何が重要か? 今夜10時頃から連続ツイートを予定しています.に ついて。
    • 15日の実際の放出は これを見ると前日 21:30, 8:30, 9:00, 12:00 の少なくとも4回にわたっている。 それを6時の1回で置き換えるのは無理がありすぎる。
    • 原発周辺から福島市あたりまでは15日の午後概ね南東からの風だったはず。
    • なので、「6時」にでた仮想的なものがぐるっと回って17時くらいになって福 島市に届いた、というようなアクロバティックな解釈より、例えば12時にでたのがほぼ まっすぐいったと思うほうがはるかに自然。
    • まっすぐいった、と思うと米軍のサーベイデータを自然に説明できる。 逆に、ぐるっと回ったと思うと、福島市と福島第一を結ぶ線上にある高汚染地 帯を少なくとも「15日6時」の放出では説明できない。
    • 15日の放出が福島県北東部については今のところもっとも重要だったのは 確かだが、放出の規模自体は 16 日のほうが大きいし、それ以下の現在までも 間欠的な放出が続いているのは これ みればすぐにわかることではないか?
    • まさかと思うけど早野さんは 3/21-22 の関東への降下物も 3/15由来だと考えてるのか?

・(pdf) 3 月28 日と29 日にかけて飯舘村周辺において実施した放射線サーベイ活動の暫定報告 (from @hayano)
 極めて興味深い。てか、あまりの高さにカッ飛んだ。
 調査には村もかんでいるのだから、高いエリアは自主的に避難してると思いたいですが、原発北西部は国もちゃんと指定を出すべき。

村役場周辺を含む村内北西部の放射線レベルは毎時5~7マイクロシーベルトで、伊達市方向 へ向かう峠を越えると毎時2~3マイクロシーベルトに減少した。村内北東部では、飯舘牧場付 近の毎時4~5マイクロシーベルトから大倉付近の毎時2~3 マイクロシーベルトへと減少した。 村の南部地域では、北部に比べて大きな放射線レベルが認められ、比曽川沿いの下比曽から蕨 平にかけては、毎時10 マイクロシーベルトを超える放射線レベルが認められた。この地域での車 内での最大値は毎時20 マイクロシーベルトであった。この地点おける車外道路上(地上約1m) の線量は毎時24 マイクロシーベルトで、隣接している畑地では毎時30 マイクロシーベルトであ った。車、建物等よる放射線遮の効果(放射線量率の透過係数)は、車で約0.8、木造家屋で約 0.4、コンクリート建物で約0.1 と見積もられた。
参考のため、表1の土壌汚染データを用いて、最も放射線量率が高かった曲田における2011 年3 月15 日時点の放射線量率を求めると200μSv/h 程度となり、1 日で5mSv 程度の被曝が推 測される。
図5に基づくと、3月15 日の沈着から90 日間の積算被曝量は、曲田で95mSv、村役場で30mSv と予想される。この値は、あくまで牧草地などの土壌の上に常時滞在する場合であり、車中で2/3 程度、木造でも家の中では1/2 程度、コンクリート製の建物中では1/10 に軽減されるものと考え られる。 なお、原子力安全員会の『原子力施設の防災対策について』に定める『屋内退避及び避難等に 関する指標』においては、外部被曝による予測線量(放射性物質又は放射線の放出期間中、屋外 に居続け、なんらの措置も講じなければ受ける線量)が10~50mSv のときは『自宅等の屋内へ 退避すること』、50mSv 以上のときは『コンクリート建屋の屋内に退避するか、又は避難するこ と』と提案されている。飯舘村の放射能汚染状況が深刻なものであることは言をまたないもので あることは確かである。

原発 小さな疑問 その1 自然放射線
原発 緊急情報(48) なぜ、1ミリシーベルトが妥当か? (武田邦彦 (中部大学))
 うむ

「世界中の原子力政策が見直されるべき」オランダ・エネルギー研究財団インタビュー [メディアパール誌3月22日付]
"「新しい解決方法」を探るために派遣されるフランスの原子力専門家" ル・モンド誌3月30日付全訳 (Genpatsu)
 fyi.

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)