おわらんー

  • Diary

福島の学校マッピングに挑戦してるのですが、

  • javascriptすごく面倒くさい...意味わかんないしdebugしづらいし...
  • 表示html/javascript(*1)はなんとなくメドがたった。緯度経度とμSV/hの値があれば、描画はできそう。四角の大きさで線量を表現するつもり、なんだけどzoomによって大きさを変えられないのがいいのか悪いのか悩ましい。まぁ作ってみてから考えよう。
  • pdfからデータを抜いてくるのは、pdf1ページごとにctrl+a ctrl+c → テキストエディタでpasteとした。まぁ46ページなのでたいしたことない。(pdfからコピペしたテキストデータ *2)
  • 学校名から緯度経度を取得するのが....Google Maps JavaScript API V3 のジオコーディングというのでできるのかなぁと思っていたところ、これ住所からしか抜けないんすよ。で、とりあえず住所の羅列データから緯度経度を取ってくるのをjavascriptであーうーいいながら作っておおむねメドがついた(html/javascript *3)。
  • そーすると、学校名から住所を取らないといけないんだけど、これがもう手作業、みたいな。結局 Google maps で検索かけて、表示された住所をコピペしてくんだけど、福島市213、伊達市56、桑折町10、8、14、60、25、243、69、47、17、9、12、14、7、19、7、5、54、15、5、5、14、9、12、13、5、95、62、7、5、20、5、もう拾うのも面倒だな、1ページ36件×46ページとすると1656...mapsで検索すればたいていは左側に住所が出てくるので、これ自動化できればいいのに。ただ、どうせstaticな情報なので、あれこれ悩むよりはずっと手作業でもいいんだけど...(*2に住所を追加したテキストデータ *4)
  • で、学校名と住所が揃ったら、それを *3 にくべる形式にするために、php書いてパースしようと思ってる。(php *5)
  • データ*4 php*5 で住所と緯度経度のデータが取れるはず(とりあえず結果は画面表示にしてテキスト保存 *6)。でもMaps APIが1日1500リクエストまでとあったので、途中でIP変えないとダメかな...一応API1回ごとにwaitも入れておくか...
  • データ*2 と データ*6 から html*1 にくべる形式にするために、phpを書く予定。(php *7、*1にくべるテキストデータ*8)
  • html*1 データ*8 で、完成! するといいな
  • ちなみに、もしもデータが新しくなったら データ*2 を作り直して、新データ*2 と php*7 から 新データ*8 がさくっと作れる、はず。
  • いまのところは1m高さの値を使おうと思っているけど、こうしているので1cm高さのものもすぐ作れる、はず。php*7でどっちを使うのか、2種類作るということかな。
  • そういえば1500箇所くらいの画像マッピングって、PC(ブラウザ)側が耐え切れるのだろうか。うーん。

それにしても、学校ってたくさんあるんだなぁとしみじみ思いました。てか、これ土日で終わんなくね???
まだ *5 *7 はこれからだしなぁ。でもこれ作ると、福島県内の分布が視覚的に網羅的にわかるようになる、と思う、ので、やれるところまでやってみましょうかねぇ。

Track Back

Track Back URL

Comments [3]

教育関係の住所ならこちらに一覧があります。内部で座標を持っているのは間違いなく地図表示があるのですが、ここから直接抜ければいいですね。

http://eduon.jp/school/

http://twitter.com/#!/AkiraOkumura
ここを読んでいただくと大体流れ分かると思うのですが、協力体制をつくれないでしょうか。既に作成終えられていますか?

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)