3/21 首都圏降下沈着プロセスの考察

  • Diary

ごぶさたしております。
いろいろありましてほとんどtwitterしか。。。いやーあれは適当で楽です。

さて、いろいろやっておりますが、まず福島周辺マップ。一応更新を繰り返しております。
更新履歴など。

ver4.0(2011/5/18)宮城県白石市10点追加(5/11-16測定)。福島学校の推測データを5/12測定ベースにするため×70%→×63%に変更。
ver3.9(2011/5/14) 栃木県日光市追加(5/11-12測定)。茨城県土浦市追加(5/11-12測定)。
ver3.8(2011/5/14) 茨城県取手市追加(5/13測定)。
ver3.7(2011/5/13) 茨城県水戸市追加(5/10-11測定)。
ver3.6(2011/5/13) 茨城県高萩市更新(5/9測定)。茨城県北茨城市更新(5/6測定)。栃木県那須町更新(5/12測定)。宮城県白石市更新(5/10測定)。放射線・原子力教育関係者有志データ更新。表示点数を表示。
ver3.5(2011/5/13) 茨城県データ追加。緯度経度は山形と同じ。宮城県角田市データ追加。
ver3.4(2011/5/12) 山形県データ追加。住所わからないのでgoogle mapsの検索で叩いたままの緯度経度を利用。
ver3.3(2011/5/12) 内部コード大幅変更。re-draw時に場所・ズームが動かず再描画する。spreadsheet連動を実装。
ver3.2(2011/5/10) 宮城県丸森町学校データ追加。pdfに20-30%高く出るとありましたので、えいやで×80%表示としています。宮城県白石市2学校のみ追加。
ver3.1(2011/5/10) 各所データ追加。FireFoxで福島メッシュを表示するとおかしいバグを修正。
ver3.0(2011/5/09) 福島メッシュ4/12-16 道路部分の緯度経度発表(5/2)を反映
ver2.9(2011/5/09) 学校データ5/6-7を利用してupdate。5/6-7推定は、5/6-7測定点は実データ、測定なしは4/5-7の値×70%の表示です。有志による全国環境放射線モニタリングデータ更新(5/7版)。表示チェックのデフォルトを変更。また、データ読み込み方法を変更したのでChrome以外のブラウザでもちゃんと見れると思います。
ver2.8(2011/5/07) #hakaru 自動更新(1時間ごとに当サイトにデータコピー)
ver2.7(2011/5/07) データに 情報可視化プロジェクト「カシカ」twitter連動 #hakaru を追加。5/7 3:44取得時点。
ver2.6(2011/5/07) 背景画像に 文科省+US-DOE航空機モニタリングの2種類のマップ を追加、那須町データを5/6に更新
ver2.5(2011/5/06) 背景画像に 福島県環境放射線モニタリング・メッシュ調査結果に基づく空間線量率マップ(5/2) を追加

さて、本題はタイトルの件、考察とかかっこよく書いてありますが、時間がないという言い訳のもと書きっぱなしぶん投げ系といいましょうか、本当は図解すべきなのですがちょっと時間がないので。。。(といいつつ結局画像を載せてみた)


もともと、「どうして柏周辺が高いのか知りたい」と思ったのがきっかけで、まず降雨量データをネットで探したのですが当然細かいデータはなく、結局気象庁データを個人で買うしかないということに至りました。 → レーダー・アメダス解析雨量 (財団法人 気象業務支援センター)

家内の逆鱗もかわしつつDVD1枚(2011/1-3月)を購入。5/11発注→5/13到着(受け取れず)→5/14受け取り。
そこから某H君を使い倒しw データをテキスト形式で吐いてもらい(いや、たぶん自分でもできる...できたはず...きっと...)、最終的にこんなん作りました。

・(非推奨ブラクラバージョンw) http://www.nnistar.com/gmap/rain.html
・(同じ内容を軽くしたバージョン) http://www.nnistar.com/gmap/rain2.html

なんでブラクラかというと、google maps上にちょっと16000個ほどbox描画しただけなんだけどね。。。
早野さん(@hayano)のiPad落としたらしい。。。

で、2のほうは下部の記載も追記したので、ざっくりとは言いたいことを書いています。
面倒なので転載。あ、一応キャプチャしてみますね。でもフリーハンドで描いている線は超適当ですからね!!! あくまで説明の補助のための丸でしかないので、そこんとこよろしくです。

==========
5/17追記 時間がないのでちゃんと書けないのですが(あと、方角が面倒なので乱暴に上下左右で記載します)

一番右上のピンが立っているところ、大洗町あたりを中心に4:30頃にプチプルームが上陸。(常陸太田・常陸大宮・那珂のあたりはほとんど上昇がないので、上側はひたちなか・水戸くらいまで。下側は計測点がないので不明だが推測としては鉾田市かもうちょい先まで)
[雨量:5:00-6:00 風:5時 黄色・オレンジドットは公的機関または信頼筋の測定で0.3μSv/h以上だったところ(8:50追記:このドットは4月とか5月の地表1m前後の測定で0.3μSv/h以上という意味です)]

プチプルームの、比較的濃度が高かったのは時間にして1.5時間程度(鉾田市データなどから、線量が それ前の倍以上に上昇~抜けた後の倍程度 の時間)。
風の強さを陸上で3m/s = 約10km/h として、ななめ長さイメージは15km程度(上記1.5時間から)、そのかたまりが時速10km程度で右上から左下方向に吹き込まれてくる。
5時すぎに鉾田市上富田(右上のごちゃっとピンが立ってる一番左)にかかる。非常に弱い雨。
(図はもうちょい先の時間のイメージ)
[雨量:5:30-6:30 風:6時]

7時ごろにつくば周辺(つくばが上限くらいか?)にかかる。ほぼ全域非常に弱い雨。
[雨量:6:30-7:30 風:7時]

7時半から雨脚が強まり、10時くらいまでそれなりの勢いで降る。
[雨量:7:00-8:00 風:7時か8時か忘れたw]

[雨量:7:30-8:30 風:8時]

[雨量:8:00-9:00 風:9時]

取手・柏・三郷・松戸あたりまで、降雨+吹き込みでそれなりに降下。かなりの部分落ちきったと推測。(これまでに私が知る各位の測定データからの推測。そうでなければもっと下側・都心部下側で高くなっていてもいいはず)
東京都心部はほぼ上からの風であり、右上からの吹き込みは下にそらされていった(+都心部に来る頃にはだいたい落ちていた)。北風ぶろーっく。

[雨表示をしないで、風のみ 9:00]

もちろん、より広い範囲で低濃度の分布はあったはずなので、全域薄く落ちてはいるはず。

ここで記載のエリアは「激しいホットスポット」というほど汚染されてはいません。福島と比較すると桁が違います。
もちろん、都心部(ならびにその西側)と比較して、汚染程度が高いのは事実と思います。その影響度合いについては各自の認識でどうぞ(個人的には空間線量0.5μSv/h以下くらいならばあまり気にしませんが)。
なお、当ページは降下プロセスの勝手な推測であり、正しいかどうかはまったくわかりません。私は 完 全 に 素 人 ですw
=====


あと2つ、まず 東京の一部で高濃度セシウム の件、
場所は江東区亀戸なのですが、取手~柏~松戸~金町~亀戸と確かにラインに載ってます(最後の方やや南方向にシフトしていくことも含め)。なのでまぁ多少高いというのはありうる話かなと。

そのあたり以降は風向としてほぼ真下に向かう形になったはずなので、亀戸の真南の海そばにある夢の島公園とかで測ってみると良いのではないかなぁ と感じます。

それと、新宿・本郷・亀戸で数kmずつしか離れてないのですが、この程度の距離でも降下量(セシウム堆積量)が変わっていくものなのか(左側にいくほど低くなる?)は、興味がありますね。


もひとつ、防衛大で観測された福島第1原発事故の影響 これ非常にタイムリーというか、興味深いデータでした。
たとえば、9-10時雨量 + 10時風向、赤点がその場所

10-11時雨量 + 11時風向だと。

わかりづらいので何もかぶせない地図も一応。

ここの空間線量が高いところで0.14μSv/h (高さ1m) 程度。(4:05訂正 寝ぼけて1.4μとか書いてた...)
ここはいいのですが、私が気になったのは以下。千葉の袖ヶ浦・木更津・君津・富津のあたりです。
(10時の風のみ)

(10-11時雨量)

まぁこのへんに行き着くまでに落ちきってるとは思うのですが。
ピンがたってる市原のあたり(千葉県の測定場所)は、3/21のこのタイミングでは微妙によけ気味な感じに見えます。千葉は市原しかまともに測定していないようなので、もしかしたら、というレベルです。
(4:05追記: 稲毛で測ってるということを教えていただきました。当該時間はこちら。8時ごろ上がってますね。思ったより早いな。。。)
(5/19追記 市川って書いてました orz 市原に修正済。なお、画像のピン位置は大丈夫でした(住所で検索して緯度経度取ってたので) ピン場所間違ってなくて良かった。。。)

以上っ やっぱり時間かかった orz

Track Back

Track Back URL

Comments [3]

すみません、ボタン押しても応答がなかったので連打してしまいましたw

こんにちは。
ここに書かれた記事は大変秀逸な内容と思います。

この件に関しては私も個人的に調査してました。私の結論としては、3月21日4:00AMに東海村で放射能雲が観測され、流山・柏・取手あたりに飛来、西から来た雨雲による降雨で落とされて広範囲の汚染が発生したものと考えてます。よってあなたの見解とほぼ同じだと思ってます。

(以下参考まで)

コメントできませんね。URL入るとダメなのかな?あきらめます

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)