学校の緯度経度取得

  • Diary

さっきの続き。まぁメモでござる。



google spreadsheetにコピーしたあと、(コピー場所はG列とかそのあたりからにしておく、A-E列は開けとくほうがよいので)
今回は「さいたま市」を手前列に入力します。(1箇所うって、あとはコピー)

ここで、@toshirotさんの神ページで取得。http://socketapi.com/user/atom/1/m2.htm
なお、このページの元はここなのですが、私が便利なようにデフォルトオプションを変更していただいたものです;;ありがたやー
出力オプションを全チェック + 区切りはタブ です。
google spreadsheetから、今回は「市」「区」「学校名」をコピーして貼りつける。(タブ区切りで貼られますが無問題)

出力をクリックして。。。今回はノーエラーで151箇所出力されました。
結果欄を1回クリックして、ctrl+a(全選択) → ctrl+c(コピー)

そして、spreadsheetの右側にがつんと貼ります。

ここで、取得エラーがあった場合は、結果の行が少ないですので、右側のエラー部分をずらすことで対応します。領域指定ctrl+x → エラー行をずらしてctrl+v ですね。(今回は全部取れたのでそのオペレーションはありませんでした)


まずここで、一番右のリバース住所を確認します。すくなくとも「埼玉県さいたま市」であることを見ていきます。
リバース住所列の幅を長くして、1行におさまるようにすると見やすいです。


おや、なぜか春日部市が2件。これはあきらかに違うので、その部分は個別に取りに行きます。
ぐぐって住所を探し、さきほどの@toshirotさんのページで取得するのが良いです(理由は後述)。

全部揃ったあと、簡易版チェックを行います。ここは私はexcelなのですが、まぁspreadsheetでも出来ます。私はシート作ったり消したりが面倒なのでローカルExcelでやってます。
緯度経度の部分だけをExcelに貼ります。

緯度でソートします。この場合B列1行目に置いて、データ-並べ替え です

前後2行の引き算ロジックを直書きします。

このセルを下のほうにコピペします。

そうすると、まったく同じ数字が並んでいると、引き算結果=0 となりますので、まったく同じ場所を取得したところがあるかどうかわかります。
今回は151箇所ある中で、9ペアも同じデータがありました。。。
spreadsheet側で見つけた緯度数字を検索するなどで、どこが同じだったのか調べます。

1つ例にあげると、35.853214 139.674649 というのが2つありました。spreadsheetで35.853214を検索すると、
さいたま市 南区 大谷場小学校
さいたま市 南区 大谷場東小学校
この2つの結果が同じでした。

35.853214 139.674649 でgoogle検索をかけて、地図に切り替えるとポイントが表示されます。
ここは「大谷場東小学校」が正解でした。「大谷場小学校」の緯度経度は自分で取り直します。
検索して、住所「埼玉県さいたま市南区南浦和1-18-3」ここから@toshirotさんのページで「35.85188 139.668908」を取得しました。

今回は9ペアあったのでそれらを全部見ていきます。
もちろん、この方式では完全なチェックにはなりえませんが、市町村の確認と重複のチェックでかなりカバーできると考えています。

結局9箇所の修正をしました。たまに幼稚園と保育園で同じ場所とかいうこともあるのですが、今回は全部自動取得の間違いでした。

念のため直した後に、もう一回チェックをかけます。(excelコピー / ソート / 引き算で同一数字探し)
⇒ok 全部違う場所で取れています。このチェックのため、@toshirotさんのページで全点自動取得することに統一しています。(取得後微修正もしない)
これでさいたま市の学校151箇所の緯度経度が、だいたい正しく取れたということにします。以上おしまい。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)